top of page

今週の特集記事リオープンはこれから本番、春節需要にも期待

更新日:2023年1月21日


街に人が戻ってきた


2023年が明け、中国の街に活気が戻りつつある。22年12月以降のゼロコロナ政策のなし崩し的解除、その後の感染急拡大、市民の外出控えが一巡し、経済活動が再開し始めた。春節(旧正月)の帰省ラッシュも増えそうで、春にかけて旅行ニーズも徐々に戻ってくると見られる。株式市場ではリオープン(経済再開)関連の旅行、外食、娯楽セクターなどを中心に買い進まれる動きが続くだろう。


帰省ラッシュは前年比倍増へ


今年の春節は1/22だが、19年以来の"規制なき帰省ラッシュ"が各地で見られそうだ。交通運輸部は今年の「春運」(1/7~2/15の輸送強化期間)の旅客輸送量を前年同期比99.5%増の20億9500万人と見積もる。19年同期の7割程度だが、高速鉄道や飛行機は早くも混雑が目立っている。


旅行・外食関連の物色に注目


春節の到来とともに、株式市場でもリオープンが強く意識されそうだ。主な関連銘柄としては、旅行関連で同程旅行控股(00780)、上海国際機場(600009)、中国旅遊集団中免(601888)など、外食分野では海底撈国際控股(ハイディーラオ、06862)やヤム・チャイナ(09987)などが挙げられる。食品では、青島ビール(00168)や宜賓五糧液(000858)など酒関連が中心。消費面では安踏体育用品(アンタスポーツ、02020)や李寧(02331)、美団(メイトゥアン、03690)の動向にも注目だ。カジノ人気の復活に伴い、銀河娯楽集団(00027)や金沙中国(01928)などの物色も見込まれる。すでに動意付いている銘柄もあるため、利益確定売りのタイミングなどにも留意したい。


(上海駐在員事務所 奥山)ご投資にあたっての注意事項



この情報元は東洋証券のHPより

弊社、K&Cアセットマネジメント株式会社は東洋証券と契約しております。


何かご相談やお問い合わせがありましたら、お気軽にK&Cアセットマネジメント株式会社にご連絡ください。



ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。


閲覧数:2回0件のコメント

Comentários


bottom of page