top of page

事例でわかる!相続税のポイントと対策③生前贈与

更新日:2023年1月19日

当社での生前贈与について



東洋証券に預けている株式や投資信託を子供や孫に贈与したい・・・でも手続きが分からない。 弊社の贈与手続では、贈与者の証券総合口座の株式や投資信託を受贈者名義の弊社の口座に振替させていただきます。受贈者が、弊社で口座をお持ちでない場合は、原則、証券総合口座の開設をお願いします。 贈与手続きに必要となる書類は? 贈与者と受贈者の間で「贈与契約書」を作成していただきます。贈与契約書のサンプルを参考に贈与者と受贈者のお名前をそれぞれ自筆でご記入していただき、ご捺印をお願い致します。

贈与手続のご注意事項

口座状況によって、別途お手続き書類が必要な場合がございます。口座状況等により振替できない場合がございます。振替の対象商品によっては一週間程度かかる場合がございます。贈与株式等の決算期、年末・年始3月9月の決算が集中する月末(数日間)等でお手続きできない期間がございます。贈与等税法上のお手続きが発生する場合もございます。その場合はお客さま自身でお手続きをお願いします。贈与税に関しては最寄の税務署または税理士等へご確認をお願いします。受贈者1人につき年間110万円以内の贈与であれば、贈与に係る税務申告は不要です。







生前贈与事例紹介




数年にわたって贈与する場合の注意点

(1) 贈与者の「あげる」意思と受贈者の「もらう」意思を毎回確認する。

(2) 贈与ごとに「贈与契約書」を作成する。

(3) 受贈者の口座に振り込むなど、記録に残す。

(4) 相続開始前3年分の贈与財産は相続税の課税対象になる。

(5) あらかじめ決めた額を毎年贈与する「有期定期金の権利」の贈与とならないように注意する。











この情報は東洋証券のHPを基に提供させていただいてをります。

弊社、K&Cアセットマネジメント株式会社は東洋証券株式会社と業務提携しております。


何かご相談やお問い合わせがありましたら、お気軽にK&Cアセットマネジメント株式会社にご連絡ください。


ご留意事項


本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。


閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page